透け感のあるお花畑のカラーグローブ(ショート)
砂糖菓子のようなビーズ刺繍のカラーチュールグローブ(ショート)
サテンのカラーグローブ(シャイニーレッド)
サテンのカラーグローブ(イエロー)*難あり
サテンのカラーグローブ(水色)
サテンのカラーグローブ(ブラック)
サテンのウェディンググローブ・ショート(光沢・ホワイト)
サテンのウェディンググローブ・ショート(光沢有/オフ)
サテンのウェディンググローブ・ショート(マット/オフ)
【プレミアムソフトの手染め生地*ややハリ】シャンパンカラーにあわせたい金糸使いのマリアベール
【プレミアムソフトベール】クール感漂う、大人の女性のためのローズ柄レース使用
トレーンの長いドレスに。コームから340cm、2レイヤー(2段)ウェディングベール
トレーンの長いドレスに!コームから390cm、2レイヤー(2段)ウェディングベール
ご試着
セール
ワケあり品コーナー

ウェディングベール(フェイスアップタイプ)

ウェディングベール(マリアベール)

ウェディングベール(バリエーション)
ウエディンググローブ(手袋)
カラーグローブ(パーティ用・カラー手袋)
ティアラ、ボンネなどヘッドドレス
ドレス用パニエ
ドレス用バッグ
コサージュ、ショールなどその他小物
セル・ウェディングドレス
セル・ウェディングドレス(シルク)
セル・カラードレス
引き出物
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
ウェディングベールの種類
ウェディングベールの長さ
ウェディングベールの生地と縫製
ウェディング小物の選び方
マリアベールをフェイスアップにする方法
お客様のお声 ベール・オブ・デュー の ご感想
お客様のお声 琳様
お客様のお声 K様
お客様のお声 E.N様
お客様のお声 K様
配送・送料と手数料について
お客様のお声 N&N様

ウェディングベールの種類について

 

まず、ウェディングベールの種類についてご説明しましょう。

形を大きく分けると、ウェディングベールにはフェイスアップベールとマリアベールがあります。

 

【フェイスアップベール】

 

コームがついていて、コーム部分でギャザーが寄せてあります。

コームから前はお顔がかくれるくらい。コームから後ろは、長さによっていろいろあります。

「ショートベール、ミディアムベール、ロングベール、ベリーロングベール」と分かれます。

フェイスアップベール ショートベール フェイスアップベール ミディアムベール フェイスアップベール ロングベール フェイスアップベール ベリーロングベール

ショートベールは軽やかな感じ。

ミディアムベールは、ショートよりやや落ち着いた感じ。ベール・オブ・デューのミディアムベールはコームから裾まで90cm。コームの位置と花嫁さんの身長にもよりますが、裾がヒップにかかるか、かからないかくらい。シニヨンより下につけると、もう少し長くなります。

ロングベールは、さらに長めで、ゴージャス感が出ます。ベール・オブ・デューのロングベールは、コームから後ろが240cm。トレーンをひかないドレスには十分な長さです。ドレスの裾よりベールの裾がでるほうが美しく見えますので、もしトレーンがうんと長い場合は、ロングよりさらに長いベリーロングのほうがおすすめです。

ベリーロングは、ロングよりさらに長め。バージンロードをロマンティックに演出します。

 

 

【マリアベール】

 

マリアベールは、聖母マリアのイメージから名付けられています。

額にかかるように使うタイプです。

マリアベール ミディアムベール マリアベール ロングベール

上のイラスト以外にも、もちろんマリアベールのショート、マリアベールのベリーロングなどがあります。

 

フェイスアップベールのようにお顔を隠さない分、裾が長くなります。

どちらかというと、マーメイドラインやストレートラインのウェディングドレスに合わせやすいタイプです。 最初からお顔が見えています

すっきりと大人っぽいラインに人気があります。

 

【ベールアップの儀式】

 

マリアベールを、フェイスアップ風に使いたい花嫁さんもいらっしゃいます。

フェイスアップベール風に使えるかどうかは、その日の着付けスタイリストさんにご相談になるといいでしょう。

スタイリストさんによっては、ピンで上手に留めてくださることがあります。でも皆さんがそうではありません。万一破れた場合のことを心配してお受けにならないこともあるかも。必ず事前におたずねになることが大切。 ピンで留めて、チュールに穴がついてしまう場合があることを避けたいなら、やはり、最初からフェイスアップでお持ちになるほうがいいでしょう。

 

また、そもそも、フェイスアップベールとマリアベールでは、レースの付け方が違いますので、マリアベールをフェイスアップ風に使えない場合もあります。 次の写真は、フェイスアップベールのちょうど両脇(サイド)の部分。つまりフロントとバックの切り替え部分です。

切り替え フェイスアップベール

この状態でレースの表がくるように縫い上げているということは、フェイスアップベールは、折り目の部分で裏と表が切り替えてあるのです。

しかし、マリアベールは片面にいつも表がくるように縫い止められています。フェイスアップのようにレースの裏と表が切り替えられていないために、仮にベールアップを行っても、その儀式後はバックスタイル1段目にレースの裏が出てしまうわけですね。

だから厳密に言えば、ベールアップの儀式後(つまりゲストと接近する場合が多い状態)にレースの表側が出るようにしたい場合は、フェイスアップベールが望ましいとも言えます。

 

ただ……フェイスアップベールのふんわりした可愛さがお好みも方もいらっしゃれば、マリアベールの大人っぽいラインがお好みの方も。

「好きをあきらめたくない」お気持ち、すごく分かりますし、あきらめてほしくないのも「ベール・オブ・デュー」の正直な気持ちです。

マリアベールはどうしても捨てがたい。あのすっきりしたラインがどうしても…というお気持ちもありますよね。

そんな理由から、もし「マリアベールをどうしても着けたい!でもベールアップもしたい」場合には、レースの裏表が分かりにくいタイプを選ばれるといいでしょう。

 

☆コームがない分、多様な工夫ができる!マリアベールならではの楽しみ方☆

 

ショートのマリアベールなら、ヘッドドレスとしてお花と併用しても素敵です。アクセントベールとして使う方法は、リゾートウェディングやガーデンウェディングの場合、また披露宴でもベールをつけていたい場合にぴったりです。

ミディアムのマリアベールは、挙式後の披露パーティではミ2つに折り、ショールのように使うこともできます。

また、ベール・オブ・デューのお客さまの中には、ロングのマリアベールを上手に工夫して、ドレスのウェスト部分にお花と留めて、バックトレーンのようにお使いになられた例もあります。

れはそれはゴージャスで、ゲストさんからも大好評だったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベール・オブ・デューのフェイスアップベール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→ ミディアムベール http://vod.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=404380&csid=1

→ ロングベール http://vod.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=404380&csid=2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベール・オブ・デューのマリアベール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→ ミディアムベールhttp://vod.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=404381&csid=1

→ ロングベールhttp://vod.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=404381&csid=0

●ベールアップの儀式については、ブログにも書いていますので、ご覧ください。→ http://blog.vod.shop-pro.jp/?eid=57420#sequel